読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代からの日常に活かせるオモシロ教養ブログ

20代〜30代のための日常で役立つコンテンツを教養というテーマに沿って漫画や映画などの様々な視点から配信。

漫画スラムダンクが教えてくれた、絶対に不可能なのに多くの人が望んでしまうこと。

日常のライフスタイル 漫画 教養

f:id:kohcltr:20150528213305j:plain

 

こんばんは☆

コウです。

 

誰しも、

 

人に嫌われたくない!

 

と思っているんじゃないかと

思います。

 

こんなこと言っていいのかな⁇

 

嫌なヤツだと思われたら

どうしよう。

 

自分だけ浮いてるんじゃないか⁇

 

 

かつてのボクもそうでした。 

 

人の目ってどうしても気に

なってしまうんですよね。

 

 

でもよく考えてみたら自分が

関わる全ての人に好かれる

なんて不可能なコトです。

 

 

国民的と呼ばれるアイドルだって、

業界世界一と呼ばれる企業だって、

 

嫌いな人は嫌い!

 

なわけで、どの分野にもアンチは

存在しますよね。

 

 

ベストセラー作家の本田健さんも

言っているように

 

人は好かれようとするほど、

嫌われてしまうんですね。

 

 

嫌われたくないと思うということは

好かれていると思っているからなの

かもしれません。

 

そうではなくて、嫌われている

どころか、

 

そもそも誰も自分になんか興味がない。

 

と思ったらあなたの行動を遮って

いるブレーキは外れるかもしれま

せん。

 

例えばボクの好きな漫画の

スラムダンクでこんな一コマが

あります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インターハイの2回戦。

 

相手は高校バスケット会の

王者山王工業。

 

湘北高校は初出場。

 

観客のほとんどは山王が

見たくて会場に足を運んでいる。

 

誰も山王が負けるなんて想像

もしていない。

 

湘北にとっては山王どころか

観客すらも敵。

 

周りはみんな敵。

 

普通であれば緊張と不安で

押しつぶされてもおかしく

ない状況で、彼らはどう

やって試合に臨んだのか!?

 

 

それは、、、

 

自分たちは悪者であると

開き直った。

 

です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

多少強引なようではありますが

限られた短い時間の中で出した

彼らの答えは正しいと言えるの

ではないでしょうか。

 

 

 

最初は、

「お前なに言ってんの!?」

 

と思われてしまうようなことでも

発信や行動を続けることで応援

してくれる人が現れると思います。

 

好かれようとする行動は

下心を感じてしまうけど、

 

ひたむきに頑張っている姿勢は

応援したくなるものです。

 

 

ある意味、開き直ることで

前進できることだってあると

思いますよ。

 

信じるだけでは報われない。

日常のライフスタイル

f:id:kohcltr:20150526192816j:plain

こんばんは☆

コウです。

 

これが正しい!

 

これで間違いない!

 

これしかない!

 

誰にだって自分が信じて進んで

きた道があると思います。

 

 

信頼の置ける人からの言葉

だったり、

 

自分自身の経験からだったり、

 

それを選んだ理由は人それぞれ

だと思います。

 

そして道を進んでいくと、上手く

いくこともあればいかないことも

あります。

 

 

上手く行っている時はその

まま進んだらいいでしょう。

 

問題は上手くいかずに、

つまずいてしまった時です。

  

 

一度や二度、つまずいただけなら

また起き上がって進むことも

できます。

 

だけどそれが何度も続くようなら

道を変えることも視野に入れなけ

ればならないかもしれません。

 

 

人は自分の選択を疑いたくは

ないものです。

 

 

 

もしかしたら間違った選択をして

るかも⁉︎

 

 

とは中々思えないものです。

 

 

何故なら自分で自分を否定している

ような気分になってしまうからです。

 

 

しかし、それを見て見ぬ振りをして

いたのでは登れたはずの坂も転げ

落ちてしまいます。

 

 

時には立ち止まり、振り返り、現在地の

確認をする必要があります。

 

 

道を進んでいくとイベントが発生する。

それは良いことなのか悪いことなのか

確認する 。

進む方向を修正する。

新たに計画を立てる。

また進む。

 

 

前進するためには、これらの作業を

繰り返すことが大切なんですね。

 

 

もちろん、自分や、きっかけを与えて

くれた人を信じることも大切です。

 

しかしそれだけで突き進んでいく

ことができないのも事実ですよね。

 

 

時には気持ちを落ち着かせて

行動を振り返るのための休息や、

 

新しい発想を生み出すために

寄り道することも必要です。

 

 

あえてムダを作ってあげることで

結果的にそれが効率アップに繋がる

のです。

休みの日だからこそ

日常のライフスタイル

f:id:kohcltr:20150523075128j:plain

 

近所のスタバから

おはようございます。

 

コウです。

 

 

今朝は目覚ましなしで5時半

に目が覚めました。

 

 

二度寝どころか三度寝、四度寝

常習犯のボクですが

 

せっかくの休みだし!

 

ということで、開店時間に

あわせて近所のスタバに来て

みました。

 

1日の始まりが、やりたくないこと

で溢れてしまうと中々行動したい

とは思わないものですが

 

やりたいことで溢れると、自然と

目が覚め、行動してしまいますね♫

 

モチベーションというのは上げる

ものなのではなくて、自分のいる

環境の中で勝手に上がるものなんだ

なと思います。 

 

なのでボクらがやるべきなのは、

モチベーションを上げる為の環境

を自分で作り出すことなんですね。

 

どうしたら、自分のモチベーションが

上がるのか?

 

仕事をしている時。

好きなことをしている時。

好きな人といる時。

 

人によってそれは様々だと思います。

 

 

あなたなりのモチベーションが上がる

環境づくりをしてみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ 

 

 

 

追伸

絶対、今日の来客者1人目だ♫

と思ったら・・・3人目だった

のが少し悔しいところではあり

ますが(´Д` )

 

 

静かな店内で作業に没頭しよう

と思います♫

 

休日のんびり派の人も、

行動派の人も良い休日を( ´ ▽ ` )ノ

忘れてはいけないのに、ほとんどの人が忘れてしまうこと。

日常のライフスタイル

f:id:kohcltr:20150520213734j:plain

 

こんばんは☆

コウです。 

 

 

初心忘るべからず。

 

 

と言いますが、正にそんな出来事が

ありました。

 

 

毎年どこの企業でも実施されている

新入社員研修。

 

 

もちろんうちの会社でも実施されて

います。

 

 

今日はボクが新人さんへの研修を

まかされました(=゚ω゚)ノ

 

 

新しい土地での暮らしと、新しい

職場での仕事とくれば、当然知らな

いことだらけですよね。

 

 

先輩たちがどんな仕事をしてるのか

なんて、いくら説明されたってなん

のことやらさっぱりわからないわけ

です。

 

それもまだ職場の空気にも慣れて

すらいないのだから、

 

質問しようにも、何をどう聞いて

いいのかすらわからないと思います。

 

 

それでも一生懸命に、1日でも早く

仕事を覚えようとする姿勢には毎年

関心させられます。

 

 

新人=初心者。

 

ですよね。

 

なので相手は、ある程度の場数を

積んだ人が普段当たり前になって

いる職場の常識すらわからない

わけです。

 

 

それを先輩風吹かせて

 

「使えね~!」

 

とか、

 

「近頃の新人は!」

 

のような言葉で済ませてしまうのは

あまりにも酷だと思うのです。

 

 

あなたにも新人の時代があったでしょう!?

 

とヽ(´Д`ヽ

 

 

誰にだって初めての経験すること

はあるものです。

 

 

極端な言い方をすれば毎日が初めて

の連続みたいなものです。 

 

生まれてくるのが2回目とかは

ないわけですから(笑) 

 

 

つまり、初めて経験することっての

はそれはもう、貴重な体験だと思う

のです。

 

 

だからこそ、教える側は、教わる側

の気持ちを察してあげる必要があり

ます。

 

そのためにも初心を忘れてしまうのは

いけないと思うのです。

 

 

自分が新人だった頃の気持ちを忘れて

しまっては、今の新人の気持ちを理解

してあげることはできませんからね。

 

 

人は同じことを繰り返すことで

良くも悪くもそれに慣れ、当たり前

となっていきます。

 

初心を忘れず、手慣れたことに対しても

向上心や工夫を忘れずにいたいですね。

 

漫画ワンピースから学ぶ、何を言うかよりも誰が言うか。

漫画 教養 日常のライフスタイル

f:id:kohcltr:20150512233215j:plain

こんばんは☆

コウです。

 

 

どんなに良い発言でも言う人が

違えば、それを受け取る人の捉

え方も全く違ったものになると

思います。

 

 

例えば、

「お金は大切」

by 税理士

 

「お金は大切」

by 詐欺師

 

同じことを言っているのに言う人

が違うだけで全然違って聞こえま

すよね。

 

前者は、確かに!

と思うし。

 

後者は、お前が言うな!

と思います。

 

これは極端な例でしたが、他にも

例をあげるならば

 

漫画のワンピースに登場する

黒ひげこと、マーシャル D ティーチ

の台詞、

 

「人の夢は終わらねえ!!!!」

 

です。

 

言葉だけ聞くと良い言葉に聞こえます。

 

しかし問題は、誰が言ったかという部分です。

 

この台詞を言った当初の黒ひげはまだ

どんな立ち位置か定義されていない

キャラでしたがボクは違和感がありました。

 

何故なら、

 

怪しい感じがした。

 

からです(笑)

 

 

人は見た目が8割とも言われています。

 

外見で判断するのはよくないこと

ですが、人は人を外見で、つまり

第一印象で判断してしまう生き物です。

 

中身はもちろん大事ですが、信用して

もらうには外見も大事です。

 

ボクが言う、『誰が言うか』

というのは肩書きや名声に限らず

そういった目に見える部分も含まれる

ということです。

 

つまり何を言うにしても、

 

自分以外の人に与える印象が

良くなければならないという

ことです。

 

しかしこれは、愛想を振りまけ

と言っているわけではありません。

 

人に接する時の配慮を欠かない

ようにしましょう。

 

なので、どこかの権威ある人の

言葉をコピーしたり、カッコつけた

言葉を取り繕うのではなく、下手でも

いいから今ある自分の精一杯の言葉

を発するべきです。

 

 

1、見た目からくる第一印象。

2、相手に対する言葉使い。

 

そして、

 

3、あなた自身の口から発せられた言葉。

 

この3つが伴って初めてあなたの

言葉に共感する人が現れると思いますよ。