20代からの日常に活かせるオモシロ教養ブログ

20代〜30代のための日常で役立つコンテンツを教養というテーマに沿って漫画や映画などの様々な視点から配信。

漫画ワンピースから学ぶ【知ってると解ってるの違い】

f:id:kohcltr:20150415222522j:plainf:id:kohcltr:20150415222517j:plain

 

 

こんばんは☆

コウです。

 

昨日の投稿で、

 

『知ってる』と、『解ってる』

 

は、違うということを書きました。

 

『知ってる』は実体験を伴わない

知識の寄せ集めでしかない。

 

だから知ってるコトと解っている

ことを混同してしまうと行動力が

低下してしまって結果的に損を

することになるので二つを分けて

考えられるようになりたいですね。

 

では、『解ってる』とは一体

なんのか!?

 

というところまで書きました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

今日はその、『解ってる』について

です!

 

ボクは『解ってる』というのは

2パターンあるかなと思っています。

 

1.経験を積み上げていくパターン。

 

2.直感で感じ取ってしまうパターン。

 

の2パターンになるのかなと。

 

 

まず1.経験を積み上げていく

パターンだけど、これは言い

換えると、『練習あるのみ!』

というやつですね( ̄+ー ̄)

 

 

例えば、

・腕立て何回したらどれくらい

筋肉が増える。

 

・Aって調味料とBって調味料を

混ぜたらCって味になる。

 

・1ヶ月で何Km走ったら何Kg

痩せられる。

 

みたいなコトって、それに繰り返し取り

組むことで徐々に身体に染み付いてきて

からやっと頭で理解できるようになるこ

とですよね(^_^)

 

 

これに対して、2.直感で感じ取って

しまうパターン。

 

スポーツの経験がある人はわかる

と思いますが、ゾーンに入ってる瞬間

が正にこれです!

 

・ピッチャーの投げる球がわかる。

 

・キッカーの蹴る方向がわかる。

 

・対戦相手の考えてることがわかる。

 

 

もっとわかりやすく言えば、

漫画ワンピースの中で、ゾロ

が刀を選んでるシーンですね。

 

ゾロ「妖刀か」

 

店主「知ってたのか?」

 

ゾロ「いや、わかる」

 

初めて見る、名前も知らない刀。

 

持ってみただけで妖刀だとわかる。

 

ゾロは自分の刀の名前も知ら

なかったくらいだから刀の知識

はさほど無いと思えます。

 

だけど、手にした刀は妖刀だって

わかってしまった。

 

一流の勘とでも言うのでしょうかね。

 

 

集中力が研ぎ澄まされてる時だと

別に一流の人じゃなくたって、ボクら

みたいな普通の人にもこういうコトが

稀に起きてしまう時もあります。

 

でも、やっぱりボクらレベルだと

 

1.経験を積み上げていくパターン

を何度も反復するべきだと思うし

 

2.直感で感じ取ってしまうパターン

は1をある程度体現してないと起こ

らないと思います。

 

 

だからこそ、知ってるだけでわか

ってるつもりになるのは勿体無い

と思うんですね。

 

 

知ったなら、解るようになるまで取り

組んでみるべきだと思うんです♫

 

解ることで今までと違った見方

ができるようになるし、視野も広

がります。

 

もしかしたら、あなたが始められらない

のは、辞めるのが怖いからじゃないで

しょうか??

 

始めなければ辞めることもないですからね。

 

でも、あなたがそんな風に思ってしまう

のも仕方がないことです。

 

何故ならボク達は、途中で辞めてしまう

のはイケないことだと、子供の頃に教わ

ってきました。 

 

しかし、果たして本当にそうでしょうか??

 

確かに辞めないで最後までやり遂げる

ことは素晴らしいことだと思います。

 

だけど、それはあくまでボク達の親世代

の話です。 

 

現代は様々な可能性で溢れています。 

 

色んなことにチャレンジしていくべき

じゃないでしょうか??

 

途中で辞めるのはイケないことでも

増して、かっこ悪いことでもありま

せん。

 

辞めてでも色んなことを体験できる人は

好奇心とチャレンジ精神に溢れた人だと

ボクは思います!

 

辞めるのは、解ってからでも遅く

ないと思いますよ( ´ ▽ ` )ノ