20代からの日常に活かせるオモシロ教養ブログ

20代〜30代のための日常で役立つコンテンツを教養というテーマに沿って漫画や映画などの様々な視点から配信。

汚いトイレとキレイなトイレの決定的な違い。

f:id:kohcltr:20150422215153j:plain

 

『人生は思った通りになる』

 

世の中に広く出回っている自己啓発本

などによく書かれてもいるし、いわゆる

成功者と呼ばれている人達も口を揃えて

言っていますよね。

 

ボクがこの言葉を初めてメンターから

聞いた時は、

 

「はぁ!?そんなわけね~じゃん」

 

と思い切り冷めた態度でした。

 

いくらメンターが言ったことだとしても

(いくらなんでもそりゃないだろう。)

と思ったんです。

 

だけど、

「そんなわけないと思っている人は、そんなわけない

 と思っているコトが起きているでしょ?

 だから思った通りです♫」

 

ボクは

「そんなの屁理屈だ」((((;゜Д゜)))

 

と思った一方で、何故か反論しきれ

ない自分がいることにも気づいてい

いました。

 

(それじゃ~、どうすればい~んだよ!?)

 

って思ったわけですね。

 

 

 

【人生を思い通りにする方法】

 

それは、【使う言葉を変える】こと

なんだそうです。 

 

 

例えば、公衆トイレでよく見かける

 

・いつも綺麗に使用していただきありがとうございます。

 

・トイレにゴミを捨てないでください。

 

どちらもトイレを清潔に保ちたい

ということを伝えているけど

 

前者の言葉が書かれているほうが

キレイなんですね!

 

もちろん、前者のトイレ全てが

キレイなわけじゃないですよ。

 

 

でも、後者の言葉が書かれている

トイレでキレイだったモノを見た

ことはありません。

 

 

どういうことかと言うと、

 

【そうなっていることが前提】

 

だからなんです。

 

つまり前者は、キレイになっている

ことが。

 

後者はゴミを捨ててほしくないこと

がです。

 

 

捨ててほしくないということは、

既に捨ててあるということです

よね。

 

だって捨てる人がいるから、捨てて

ほしくないと思うわけで、捨てる人

がいなかったらそんなことは思わな

いですもんね。

 

 

 

これは、物事のマイナス面では

なくて、プラス面にフォーカスする

と言い換えることもできますね♫

 

 

人生が変わり始める時って、

誰もできないような大きな

ことを始めるのではなくて、

 

誰でもできるけど案外気づかない

小さな小さなことに気づけた時

なのかもしれませんね( ´ ▽ ` )ノ