20代からの日常に活かせるオモシロ教養ブログ

20代〜30代のための日常で役立つコンテンツを教養というテーマに沿って漫画や映画などの様々な視点から配信。

日本人なのに日本の祝日の意味を知らない日本人。

f:id:kohcltr:20150429224044j:plain

 

こんばんは☆

コウです。 

 

今日は祝日。

『昭和の日』

ですね。

 

今日からGWに突入した人もいる

のではないかと思います。

 

ボクの友人には12連休なんて人も

います。

 

せっかくの長期連休!

是非、楽しんでくださいね♫

 

 

 

さて、話は戻って『昭和の日』

ですが、あなたはその由来を知って

いますか??

 

 

それは、昭和天皇の誕生日が由来しています。

 

そもそも、日本の祝日というのは昭和の日

に限らず、現時点で年間15日あるわけです

が、9月の敬老の日、10月の体育の日以外

は、皇室もしくは神道に関連した日になっ

ています。

 

実はちゃんと意味があって制定されて

いたんですね!

(7月の海の日だって皇室に関係しているんですよ♫)

 

しかし、ボク達はこの事実を誰からも教わる

ことなく大人になってしまいます。

 

日本人なら、日本の行事を理解しておく

べきですよね。

 

という発言をすると、どういうわけか日本

では、

・ちょっと危ない人。

・堅い人。

・変な人。

と思われてしまう傾向にありますよね(^_^;)

 

ボクは決して何かを信仰しろと言いたい

わけではないんです。

 

自分の国に関心を持てない、待たないという

のは世界的に見ると極めて異常なので、自分

が関わっている身近な出来事に関心を持ちしょ

うと言いたいんですね。

 

 

例えば海外に旅行に行くと、現地の人々は本当

に自分の生まれた国に誇りを持って生活してい

ます。

 

そんな彼らを見ていると日本人なのに日本の

ことを知らない自分が恥ずかしくなります。

 

1年の内の一つの行事にすぎないかもしれ

ませんが、祝日に限らず、日本の行事には

それが起こるまでの歴史が存在します。

 

歴史をしると、その行事の意味を知ること

ができます。

 

意味を知ると、その行事と向き合う姿勢が

変わります。

 

 

些細なことだとしても、ただ取り組むのと

自分の考えを持って取り組むのとでは全く

違う結果になります。

 

是非、普段は意識していないことにも

意識を向けてみてくださいね。