20代からの日常に活かせるオモシロ教養ブログ

20代〜30代のための日常で役立つコンテンツを教養というテーマに沿って漫画や映画などの様々な視点から配信。

ミスは絶対起きると思ったほうが効率が上がる。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2015」

f:id:kohcltr:20150507220501j:plain

 

こんばんは☆

 

コウです。

 

ゴールデンウイークも終わり

今日から多くの方が出勤となって

いるようですね。

 

ボクは5/10までお休みなので

もう少しのんびりしようと思います。

 

 

ゴールデンウイーク明けと言えば

毎年騒がれるのが五月病ですね(^_^;)

 

近年では新入社員に限らず、ベテラン

社員もモチベーションが上がらなく

なってしまうようですね。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

新しい環境に馴染めなかったり、

理想と現実のギャップに悩まされたり、

 

などの理由でおこる五月病ですが、

 

いずれの理由にしても、目標の立て方が曖昧。

 

だったことがそもそもの原因なのでは

ないかと思います。

 

事実、新年度になって

 

「気持ち新たに!!」

 

と立てた目標の成果が

 

 

順調な人。

 

不調な人。

 

立てた目標がなんだったのか

忘れてしまった人。

 

そもそも目標自体立てたかどうか

すら忘れてしまった人。

 

そもそも、そんなもの立ててない人。

 

といった具合に、なんにしても差が

出始めるのが五月病に影響している

のだと思います。

 

 

因みにボクは、計画は立てるけど

目標は立てない派です。

 

 

何故かと言うと、目標という

ニュアンスが重く感じるからです。

 

計画。

 

とか、

 

予定。

 

くらいライトな感じじゃないと

行動に結びつかないタイプなん

ですね(笑)

 

 

目標は立てられるけど

 

・行動に結びつかない。

 

・行動には移せるけど続かない。

 

という人には、目標→計画と

言い換えることをオススメ

します。

 

言い方を変えるだけでスルスルっと

進んで行けることってありますからね♫

 

 

 

ボクの場合で言うと、その計画の中の

一つに、くらいから個人的にWebページ

関連の仕事を友達に頼んでいたんですけど、

以前、それの擦り合わせをしてたんですね。

 

 

そうしたら友達のPCで開けるページ

が、何故かボクのPCでは開けない

というちょっとした不具合が生

じたんですね。

 

そんなわけで当然

「これ開かないよ(泣)」って

Web知識の乏しいボクは友達に

救いの手を求めることになるわ

けですね(笑)

 

 

そうすると、どれどれといった

感じで友達は作ったページの

プログラムを解析しだすと、

 

「あぁ、ここがおかしいね」

 

と、ものの数分で調整してくれて

素人目線ながらに、スゲ~な!

と思ったんですね...

 

何が凄いかというと、

 

間違っている箇所を治した技術

 

よりも

 

間違っている箇所を見つけ出す速さ。

 

だったんですよね!

 

 

だってプログラムって数字と記号と

アルファベットの羅列ですよね⁉︎

 

言わば暗号です‼︎

 

 

いくら仕事でやってるからと言って

何十万とある暗号の中から

ちょっとしたミスを見つける

のは中々の重労働だと思います。

 

 

例えるなら、原稿用紙一面に

ビッシリ書かれた文章の中から

誤字を一つ見つけるようなもの

だと言えばあかるでしょうか?

(難しさの基準はあくまでボクの主観ですが)

 

 

だからボクはすかさず

 

「なんでそんなにすぐミスってるとこわかったの!?」

 

と聞いたんです。

 

そうすると、

 

「どこがミスってるのかすぐにわかるように作ってる」

 

という答えが返ってきて、

なるほどな~!

と思ったんですよね。

 

 

つまり、

 

・ミスがすぐにわかるように作る。

 

ということは、言い換えると

 

・ミスが起こることが前提。

 

とも言えると思うんです!

 

 

これって、仕事に限らず物事を

進めていく中でありそうで無か

ったな視点だと思いませんか⁇

 

何故なら、ボクらって

 

・ミスをしちゃいけない

 

って気持ちが少なからず

あると思います。

 

 

だから、

 

・できるかぎり間違わないように安全な道を進もうとする。

 

といった傾向にあると思いませんか⁇

 

 

 

別にそれが良いとか悪い

ではなくて、子供の頃から、

親や先生に間違うことは

いけない事だって刷り込ま

れてきたが為に、殆どの人が

持ち合わせてしまった感覚だろう

から仕方ないと思うんです。

 

 

大人になったらなったでそれを

してくる対象が上司になるから、

 

ボク達は間違うことはいけないコト

という刷り込みの呪縛から

逃れられなくなってる傾向に

あるのかなと思ったんですね。

 

 

だから、その呪縛を振り払いたい

のだったら

 

ミスが起きることを前提に行動する。

 

 ことが鍵になってくるんじゃ

ないかなと思います。

 

 

要するに、最初の話に戻ると

 

目標立てて行動したけど上手く

いかない。

 

ということが起きたとしますね。

 

例えば、

 

ダイエットを決意して家に帰ったら

お母さんが美味しそうなケーキを

買ってきていて思わず食べちゃった

とか、

 

ダイエットを実行に移せては

いるんだけど中々思うように

体重が落ちないみたいに

 

目標立てる

→目標を達成するための計画を立てる。

→計画に沿って行動する。

 

ということをするとどこかの過程で

不備が起きると思います。

 

 

けれどそれは、当然に起こりうる

ことだってことを認識しておくこと

が大事ですよね。

 

 

車を運転してて赤信号に引っかから

ないこともないし、ガソリンが減ら

ないことがないのと一緒ですね。

 

 

これを、今年こそは!みたいに

リキんだり、その瞬間のテンション

任せで突っ切ろうとしてしまうから

 

赤信号に気づかずに突っ込んだ時

のように、対向車に正面衝突して

いくことになったり、

 

やる気というガソリンが減って

きてるのに、努力とか根性みたい

な精神論で進もうとするから

ガス欠して止まってしまうんですね(笑)

 

そうではなくて、『赤は止まれ!!』

ですよね(^_^;)

 

やる気にエンプティーが点灯

したら給油しましょうよと(笑)

 

 

つまりですね、

 

・何かしらの障害に当たる。

 

・やる気がなくなっていく。

 

みたいなことは必ずあること

なんだという認識をしておく

ことで、それが起きた時の対策

を立てられるようになるという

ことです。

 

 

壁というのは何かを目指すと当然

現れるものなんです。

 

それを見ないフリをしないでしっかり

見ましょう。

 

壁の高さを、よく見もしないで勝手に

判断するのではなく、目の前まで行って

確認してみましょう。

 

 

計画通りに進んでいないなら、計画を

練り直せばいいのです。

 

やる気がでないなら、でない事を

気にしてないで他のことをしても

いいと思います。

 

 

進むことも大事ですが立ち止まって

現在地を確認することも大事です。

 

 

間に合わないことはあっても、

できないことはないと思いますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

因みに、友達に頼んでいたWebページ

というのはこちらです↓

 

今よりもっと自分を好きになれる「 7日間で身につく教養力 」無料メール講座

 

無料ですので、興味がある方は

登録してみてくださいね。